啓蟄をまえにして

暖かい日が続いたかと思うと、また寒い日が続きと
寒暖の差が激しい日が続いています。

先日の季節はずれの暖かさで、サケの稚魚が大量に死んでしまいました・・・・
はたして放流の日まで何匹残れるのか危うい状態です。

そんな暗い気分のなかで、昨日は、半年ぶり(?)のお客さんが
ビオトープに現れました。
020

ヒキガエルさんです。
幼稚園の庭では、40匹超のヒキガエルさんたちが元気に暮らしております。
そんなヒキガエルさんが、3匹池の中にいました。
今朝は、とても寒くとなりのミニ水田では、氷が張っていましたが大丈夫でしょうか?
お昼過ぎに見たら、二匹いなくなっていました。
010
ちなみに、赤い子は足にわっかをつけていますが、3年前から追跡調査をしている個体になります。
3年前は、見つけた順に(夜、園庭でよくお散歩してます。)頭に番号を修正ペンで書いていたのですが、
(その時に番号が40番台まで行ったので、園庭に40匹超いる事が判明)
IMG_9824

IMG_9793
字が取れてしまったので、緩めに足にタイラップをつけて数字を書き込んでいます。
そして、その作業をしている時によく手を洗わずに、目をこすってしまったので、
次の日、目が霞がかかったように見えなくなり、目医者さんに行ったのは内緒です・・・
原因と、きっとブフォトキシン(ヒキガエルの毒)にやられたと目医者さんに話したら、そんなものは
聞いたことがないといわれてしまい、不審者扱い?されてしまいました。
そりゃーそうですよね。
おかげで、獣医さんにまで相談し、対処法を教えていただきましたが、3日ほどきちんと見えず
苦しみました。

と、まあ脱線してしまったので、話を戻して。
例年ヒキガエルさんは、3月10日ころに産卵しているので、
ちょっと出てくるのが早すぎたのかな???

意外と、早く出てきた子は溺れて死んでしまう子もいるので
心配しながら眺めております。