サケ飼育日誌

積算水温430度を過ぎ、サケの卵も大分孵化してきました。
孵化するときに卵の殻と中に含まれているアンモニアなどで、水が泡立ちます。まるでメレンゲのようにふわふわの泡で水が覆われるのですが、そのままにしておくと水質が悪くなりすぎて、サケが死んでしまいます。
そのため、数日間はこまめに水を替えていかなければなりません。
大変だけど頑張りましょう!

20141226-214115.jpg