化石考。

とある休日に化石採集に出かけてきました。
この二つの化石は産地・時代は違いますが、どちらもアカニシの化石です。
一つは大きくて表面はツルツル。
一つは小さくて表面はトゲトゲがあります。
場所や気候などの要因によって大きさや形に様々な変化が起こり、環境に適応できたものが生き残るという自然の摂理を改めて感じました。

20141216-144233.jpg